専門の業者を頼る

アンティークな壺

象の牙でもある象牙は乱獲が行われ一時期は絶滅の危機に陥ったとも言われています。 世界の中でも日本と言う国は象牙の輸入量が一番多い国だと言われていたのです。 そのため、日本に輸出をすれば高く売れると言う事からも象の乱獲が行われ、密輸業者も出たと言われています。 現在ではワシントン条約により象牙の輸入は禁じられており、国内にあるものは輸入が禁じられる以前に輸入された材料が主流になっており希少価値が高まっている事からも買取などでは高く売ることが出来ると言うメリットが有ります。 尚、象牙の買取と言うのは美術品などを取り扱う専門店で買取が可能になっており、象牙を売却する場合には幾つかのお店に見積りを依頼する事で高価買取が可能になります。

象牙は現在輸入が禁じられている品物の1つです。 輸入が禁じられているのは密輸を防止する目的や象の乱獲を防ぐなどの目的が有ります。 象牙を取るために象は殺され絶滅の危機になった事や、密輸が多発したことからも禁じられているのです。 現在日本国内にある象牙と言うのは輸入が出来なくなる以前に輸入されたもので、材料としてそのまま残る物や印鑑、櫛、簪根付などの製品で利用されています。 これ等の象牙は専門店での買取が出来るのですが、専門店と言っても多数ありますので、買取に出す場合には幾つかのお店に対して見積りを依頼する事で高く買取ってくれるお店を選ぶことが出来ます。 希少価値が高い品物であることからも、高価買取を可能にしているお店も多く有ります。